日々の生活に「安心」と「楽しさ」をお届けします

掲載号:2017年12月Vol.19[岐阜版]
  • 生活協同組合 コープぎふ/地域担当(宅配)
  • 愛知学院大学心身科学部 2015年卒業
  • 品川拓也さん
  • 勤務先ホームページhttps://www.coop-gifu.jp/  
  • 学生時代について
  • Q.どのような高校生活を送っていましたか?
    吹奏楽部に所属していました。マーチングバンドで全国大会に出場するほどの部活で、朝から晩まで練習漬けの毎日でした。練習が大変だった分、大会で高い評価を受けた時の喜びは格別でした。心から感動したことを、今でもよく覚えています。また部活動を通して後輩の相談にのったり指導をする中で、将来は悩んだり困ったりしている人を手助けできるような仕事に就きたいと思うようになりました。
    Q.大学・学部を選んだ背景は?
    憧れていた先輩が進学した大学だったこと、また当時は職業の選択肢として高校教師も視野に入れていたことから、教員免許も取得できる愛知学院大学心身科学部へ進みました。
    Q.大学生活で学んだことは?
    教育系の知識や運動に関する実技など、授業で学んだことは興味深いものばかりでした。大学生活では、アルバイトからも大きな影響を受けました。接客のアルバイトをしていたのですが、設備の調整をしたり、景品のアピールをしているうちに、お客様に満足していただけるよう接客することの楽しさややりがいを感じるようになりました。
  • 仕事について
  • 組合員さんと直接お会いし商品をお勧めする機会があること、そして、笑顔を大切にする温かい職場の雰囲気に魅力を感じ、コープぎふへ入協しました。コープぎふは、食に関すること以外にも、共済や介護サービスなど、組合員さんの暮らしをより豊かにするためのさまざまな事業を展開しています。
    Q.仕事内容を教えてください
    現在の私の主な仕事は、食品を中心とした日用生活品を配達しながら組合員さんのお困りごとやご要望をお聴きし、その想いにお応えしていくことです。また、生協の事業をより多くの方に知っていただけるよう組合員さんでない方へのお知らせ活動も行っています。ご案内をすることで、生協の事業を利用して日常生活に感じていた不便さなどを解決できると気づいていただけることも多くあります。
  • 心がけていること、やりがいについて
  • Q.心がけていることは?
    組合員さんが安心して楽しく暮らすことのお手伝いができるよう、誠実・丁寧な対応を心がけています。
    Q.やりがいは?
    配達をしながら、毎週お会いする組合員さんとお話しすることが何よりの楽しみです。生協の商品について、私の方が教えていただくこともしょっちゅうあります。また、買い物に不便を感じている方へ商品をお届けするときや、日常生活をより快適にするためのご提案をするときには、毎回、とても誇らしい気持ちになります。
  • 高校高校生へのメッセージ
  • Q.向いている人は?
    人の役に立つことに喜びを感じる方に向いている仕事です。
    応援メッセージ
    学生のみなさんには、とにかく目の前のことに一途に取り組んでいただけたらと思います。すぐには見えてこなくても、今がんばっていることは望む未来につながるはずです。

  • 人に寄り添い、地域のために貢献する気持ちが大切

    東京都中央区役所 / 総務部 税務課課税係
    専修大学 経済学部 経済学科※卒業 (※経済学科は2020年度入学者から現代経済学科と生活環境経済学科に再編)
    杉浦 大貴さん

  • 患者さんに真摯に寄り添い、チーム医療に貢献できる存在になりたい

    学校法人北里研究所 北里大学病院 / 視能訓練士
    北里大学 医療衛生学部リハビリテーション学科 卒業
    沼澤 勇輝さん

  • 『楽しいことやってる』と思ってもらえるようなイベントをたくさん企画していきたい

    株式会社ドリームプラザ / イベントプランナー
    常葉大学 教育学部 卒業
    浅野 芙和さん