薬剤師として奮闘中の毎日

掲載号:2015年春Vol.4[東京版]
  • 東京都健康長寿医療センター / 薬剤師
  • 東京薬科大学薬学部 卒業
  • 羽田 慶子さん
  • 勤務先ホームページhttp://www.tmghig.jp/
東京薬科大学
  • 充実した高校時代
  • Q. 学生時代のことを教えてください。
    わたしが通った竹早高校は、“勉強も文化祭も体育祭も、やるときはとことんやる!”という人が集まっています。そんな雰囲気が好きで、わたしは3年間、文化祭の実行委員を務め、3年生のときには執行部に入って裏方としてサポートしました。充実した高校時代でしたね。
  • 薬剤師という仕事の本質に触れることができた
  • Q. 大学を選んだきっかけは?
    子供のころから、薬局や薬剤師に興味をもっていました。“薬ってなぜ効くんだろう、薬剤師はどんな仕事をしているんだろう…”とか。高校の先生の影響で理系科目が好きになり、東京薬科大学に進学して薬剤師を目指そうと考えました。
    Q. 大学時代のことを教えてください。
    東京薬科大学の薬学部が6年制に移行したあと、2期生としてわたしは入学しました。当初は、“4年制大学と比べると長くて大変かなぁ”と思っていました。でも講義が始まると、将来の土台を作る上で、6年間なんてあっという間だと意識が変わりましたね。病院実習では、初めて患者さんと接する機会があり、薬剤師という仕事の本質に触れることができたと思います。薬の知識はもちろん必要ですが、患者さんの本音を引き出し、安心や納得していただくことも大切。どう提案し、どう接するべきかなど、いろいろなことを考えさせられました。
  • 日々の勉強は欠かせません
  • Q. 仕事について教えてください。
    健康長寿医療センターに薬剤師として就職しました。最初に先輩から教わったことは、調剤の基礎や、注射液・点滴のミキシング(薬剤の混合)などです。現在は、消化器内科に配属され、患者さんに新しい薬を提案したり、薬のことで困っていることはないか、副作用はないかなどを日々チェックしています。
    Q. 働く上で心がけていることは?
    医師、看護師、薬剤師がチームとして連携し、患者さんが元気になるように努めています。まだ駆け出しではありますが、わたしもチームの一員という立場で、自分が何をすべきかが明確になってきたところです。患者さんに一番近い存在として、薬のことはもちろん、気づいたことは提案するように心がけています。また、常に最新の情報を得るため、日々の勉強は欠かせません。スキルアップのため、様々な勉強会にも可能な限り参加しています。
  • 希望をもっていただけたときは、本当にうれしい
  • Q. 仕事のやりがいを教えてください。
    病院の薬剤師は、患者さんの病気の経過をはじめ、検査の結果や食事の内容など、様々な観点から薬の判断ができます。患者さんの顔を直接見ながら薬を提案し、希望をもっていただけたときは、本当にうれしいですね。
  • ありのままの自分を信じ、まっすぐに進んでほしい
  • Q. なるためには
    薬剤師を目指すのであれば、6年制の薬剤師養成課程がある大学に進学するのが一般的ですね。卒業後、薬剤師国家試験に合格して薬剤師免許を取得すれば、病院や薬局などで薬剤師として働くことができます。明るい人、冷静な人、薬剤師にはいろいろなタイプの人がいます。みなさんも、ありのままの自分を信じ、まっすぐに進んでほしいと思います。

  • 試験業務について、さまざまなことを学ぶ日々

    一般財団法人 ニッセンケン品質評価センター / 試験ラボ管理(繊維)
    芝浦工業大学 システム理工学部生命科学科 卒業
    小和田 真純さん

  • 将来を担う「人財」に関わり企業の土台を作る

    凸版印刷株式会社 / 採用担当
    青山学院大学 経営学部卒業
    大貫 慎さん

  • 建築現場のまとめ役として図面上の建物を世の中に生み出す

    大成建設株式会社 / 建築施工管理
    東京都市大学(旧武蔵工業大学)工学部建築学科 卒業
    古家 拓さん