2度の留学を通して決意した、日本と海外の橋渡し役

掲載号:2017年秋Vol.9 [東京版]
  • メキシコ大使館商務部/大使館職員
  • 拓殖大学 外国語学部 2010年卒業
  • 松尾雄一郎さん
  • 勤務先ホームページhttp://www.promexico.gob.mx
  • 企業のメキシコ進出をお手伝い
  • Q. どんな仕事をしているんですか?
    駐日メキシコ大使館の商務部に所属してい ます。私は投資を担当し、メキシコ進出を考え ている日本企業のサポートを任されています。具体的には、日本企業の担当者にメキシ コの情勢や各地域の特徴を伝えたり、州政 府の担当者と直接話し合う機会をセッティン グしたり、進出後の企業と連絡を取り合い、 状況の把握・確認をしたりしています。
  • さまざまな業界の方と出会えます
  • Q. どんなところがやりがいですか?
    銀行、商社、メーカーなど、さまざまな業界の 方にお会いし、コミュニケーションをとりなが らメキシコの魅力を直接伝えられることです。
  • 高3でスペイン留学。これがターニングポイントに!
  • Q. この仕事を目指したのはなぜ?
    高校時代、サッカー部に所属していたのですが、ケガがきっかけで部活を辞めることになったんです。夢中だったことを失って心に穴が空いていたとき、先生から「これだというものを見つけなさい」と言われました。それで、以前から興味を抱いていたスペインに留学することを決めました。ホームステイをしながら現地の高校に通い、一年後に帰国して高校の卒業証書を受け取りました。この経験が「いつか海外と日本の橋渡しをしたい」と考える、きっかけになりました。
  • 拓殖大学外国語学部 スペイン語学科に入学!
  • Q. 学科の魅力を教えてください。
    充実したカリキュラムや留学制度が整っていることから、拓殖大学を選びました。入学して驚いたのは、教員との距離が近いこと。一学年50人で、さら に2クラスに分かれて授業を受けるため、学生一人ひとりをよく理解してくれて、何でも相談することができます。2 年生のときにはスペインのサラマンカ大学に留学し、語学力をさらに深めることができました。
  • アンテナをたくさん張ろう
  • Q. 高校生へメッセージを。
    大使館職員を目指すなら語学力は必須。メキシコの公用語はスペイン語ですが、スペイン語だけでなく英語スキルも必要です。また、いろんなことにアンテナを張り、興味を感じたら、とことん調べましょう。私も1回目の留学のとき、相手の言葉がわからなくても、サッカーを通して仲良くなり、世界が広がりました。みなさんのチャレンジを応援しています!

タブレットとスマホ、機関誌

仕事で常に持ち歩いているタブレットとスマホ。 左の冊子は、メキシコ大使館発行の機関誌。表紙は、メキシコに進出した日本企業をイメージ。

丁寧でわかりやすい話し方

インタビューで印象的だったのは、丁寧でわかりやすい、松尾さんの話し方。大学時代は自分でテーマを決めてプレゼンをするゼミに入っていたそう。

  • 文化や習慣が異なる世界の人達に、グローバル企業のメッセージを伝える

    ソニー株式会社 / 広報・CSR部 プロダクト広報グループ
    国際基督教大学 教養学部 卒業
    沼田 嶺一 さん

  • どんな被写体を写しても自分自身の人間性が写真には出る

    フリーランス / カメラマン
    日本大学藝術学部 写真学科 卒業
    井上 綾乃さん

  • お客様へ多くの価値を提供するべく奔走中

    株式会社NTTデータ / コンサルタント
    芝浦工業大学工学部 卒業
    原田 杏奈さん