将来を担う「人財」に関わり企業の土台を作る

掲載号:2018年秋Vol.11[東京版]
  • 凸版印刷株式会社 / 採用担当
  • 青山学院大学 経営学部卒業
  • 大貫 慎さん
  • 勤務先ホームページhttp://www.toppan.co.jp/
青山学院大学
  • サッカー漬けの高校時代
  • Q. 高校時代に挫折を味わったことは?
    小学生からサッカーひと筋で、高校時代もサッカー漬けの日々でした。ところが3年の春、インターハイを目指した大会を前に大ケガをしたのです。出場は叶わず、悔しい思いをしましたが、復帰後もサッカーに打ち込みました。浪人することは織り込み済みです(笑)。その後もサッカーを続け、現在は社会人チームでプレイしています。
  • 学ぶ楽しさを知った大学時代
  • Q. 大学時代の思い出は?
    企業の土台や経営のあり方を学ぼうと、青山学院大学経営学部を志望しました。ゼミの先生は何を尋ねても120%の答えが返ってくる博識な方で、尊敬しています。自由な雰囲気に満ち、新しいことをたくさん吸収し、学ぶ楽しさを知った大学時代でした。と同時に、これまでにないタイプの友人もできました。考え方、学ぶ姿勢、個性に刺激を受けて、自分自身も成長したと思います。
  • 企業の土台を作っている自負
  • Q. 仕事の内容を教えてください。
    おもに大学新卒予定者向けの説明会やセミナーを企画運営しています。パンフレット、映像、ホームページなどのコンテンツ制作を行うことも。採用担当とは、将来を担う「人財」に関わり、凸版印刷の土台を作っていく仕事だという自負があります。学生にとって就活は一大事です。人生の分岐点に立ち、今後の方向を考える学生に寄り添える醍醐味もあります。
  • 失敗は翌日まで引きずらない
  • Q. 気持ちを前向きにする秘策は?
    仕事をしていれば必ず落ち込む時があります。そういう時は次にどうすればいいかを考え、改善策が見つかったら忘れること。カラオケで歌い、一晩寝て起きればスッキリします。引きずらないのが一番!
  • 人と接するのが好きな人
  • Q. どんな人に向いていますか?
    人と接するのが好きで、人に熱い思いを持っている人ですね。数千、数万という学生を相手に、悩みを親身になって聞いたり、説得したりすることもあります。そのためには、サークルやゼミなどで人を巻き込む力を育てていくことが大事です。学部は問いません。

学生と談笑

社員食堂の一角で学生の相談に乗ることも。

マイク

説明会では大勢の学生を相手に話すので、マイクが必需品。

  • 障害者の安心な暮らしをサポートする行政サービスの頼れる調整役

    杉並区役所 / 保健福祉部障害者施策課 地域ネットワーク推進係(取材時)
    大正大学 文学部 歴史学科 卒業
    稲嶺 希美さん

  • アイディアで お客様の仕事を大きくする

    株式会社ティー・オー・エム
    中央大学 文学部 2012年卒業
    鈴木翔大さん

  • 誰かのために何かをしたいと想う気持ちが 仕事につながっています

    みらい人材サポート株式会社/キャリアアドバイザー・営業アシスタント
    金城学院大学現代文科学部 2011年卒業
    渡邊愛さん