大好きなコスメ業界でものづくりに邁進。アイデアを形にする過程が楽しい!

掲載号:2019年秋冬Vol.13[東京版]
  • 株式会社伊勢半 / 商品プランナー
  • 東京造形大学 造形学部デザイン学科 インダストリアルデザイン専攻領域 卒業
  • 富成 紗良 さん
  • 勤務先ホームページhttps://www.isehan.co.jp
  • お化粧で綺麗になる母に憧れて
  • Q.化粧品のプランナーを志したきっかけは?
    幼い頃、お化粧で綺麗になる母親を見て、憧れを抱くようになりました。小学生になると母の化粧品でお化粧ごっこをして遊び、よく叱られたものです。また絵を描くことも好きだったので、中学・高校時代は美術部に所属していました。高校時代、専門の授業で身の回りにあるものが、すべてデザインされていることに気づき、それをきっかけに化粧品のプランナーになりたいという夢が芽生えました。それで大学進学の際、インダストリアルデザインを専門的に学べる東京造形大学を選びました。
  • 興味のあることを幅広く学べる
  • Q.印象に残った講義はありますか?
    東京造形大学は他専攻領域の授業も一部履修できるので、幅広く自分の興味を追究できました。私は写真を撮るのが好きなので、写真の授業を履修し、絞りの調整など基礎的技術が学べてよかったと思います。またインダストリアルデザインの授業では実際に手を動かし、アイデアを形にする経験を積みました。どこを強調するのか、全体のバランスをどう整えるのかなどを学ぶことができ、仕事の現場でも役立っています。
  • ユーザーの立場に立ったものづくりが楽しい
  • Q.どのような仕事をしていますか?
    新商品や限定商品の企画からデザインまで手がけるプランナーです。今はパッケージデザインに取り組んでいて、キャッチコピーまで考えるんです。すごく大変ですが、やりがいを感じます。ユーザーの立場に立ってものづくりをすることで、お客様に喜んで手にとっていただける商品をつくりたいです。
  • 思いを積極的に発言しよう
  • Q.どのような人に向いていますか?
    まずデザインに興味がある人。そして自分が思ったことを積極的に発言できる人です。ものづくりは一人で溜め込んでいると前に進めないですし、自分の思いをグループ内で共有することで、さらによい商品ができていくと思うので。そして人を喜ばせたり、楽しませるのが好きな人も向いていると思います。
  • 夢を実現した自分を想像して!
  • Q.高校生へのメッセージをお願いします
    自分と夢を信じること! 私がよくやっていたのは、夢を実現させた自分の姿を想像することです。将来は化粧品会社に入って、いろんなものをつくり、いきいきした生活を送っているんだろうなと想像したら、どんどん楽しくなって「よし、頑張ろう!」という活力が沸いてくるんです。私ならぜったいできる、と信じることが大事だと思います。

  • 大切な命を預かる新生児治療室で小さな赤ちゃんのケアにあたります

    杏林大学医学部付属病院 / 看護師(新生児集中治療室)
    杏林大学 保健学部看護学科卒業
    上羽 侑さん

  • 適切な薬を届けることで、患者さんの人生をより良くしたい

    アストラゼネカ株式会社 / MR(メディカル・レプリゼンタティブ)
    東京薬科大学 生命科学部 分子生命科学科 卒業
    太田 侑世さん

  • 患者様に安全な薬を届けるため、新薬開発の「治験」をモニタリング

    シミック株式会社 / 臨床開発モニター(CRA)
    東京薬科大学 生命科学部 卒業
    山崎 秀斗さん