「女性の美しさ」を表面だけで語らず、見る人とのコミュニケーションを大切にする

掲載号:2019年秋冬Vol.13[東京版]
  • 株式会社資生堂 / グラフィックデザイナー
  • 武蔵野美術大学 造形学部視覚伝達デザイン学科 卒業
  • 池田 昂己 さん
  • 勤務先ホームページhttps://www.shiseido.co.jp/
  • 地元の小さな美術予備校からスタート
  • Q.なぜ、デザインの道を志したの?
    中学生くらいから、なんとなくアートやデザインに興味があったんです。でも、どうやってスキルを身につけるのか、デザインの仕事にどんな種類があるのか、何も知りませんでした。高2のころ、受験する大学を調べていて、美術を専門的に学べる大学があることを知り、驚きました。一気にモチベーションが上がり、「本格的にデザインの勉強がしたい!」と地元の小さな美術予備校に入って、美大合格に向けた勉強を開始したんです。
  • ビジュアルコミュニケーション力を養う魅力的なカリキュラム
  • Q.武蔵野美術大学(ムサビ)の魅力とは?
    「ムサビに行きたい」と決意したのは、高3のときに訪れたオープンキャンパスで、視覚伝達デザイン学科のカリキュラムに魅力を感じたから。同学科の授業は、「見ること」「かたちの生成」「伝えること」をテーマに、グループワークで身体を動かしたり、五感を働かせたりして、対象と自分自身との関係を明確にし、ビジュアルコミュニケーション力を養うのが特徴です。小手先の表現や技術でなく、デザインが人に与える影響や、なぜコミュニケーションを成立させる必要があるのかといった、視覚伝達の原理や可能性をじっくり学べたことは、今の仕事をする上で、大きな財産になっています。
  • コーポレートデザインとブランドの広告デザインを担当
  • Q.今、どんな仕事をしていますか?
    グラフィックデザイナーとして資生堂に入社し、現在2年目。大きく分けると2つの仕事に携わっています。1つ目は、資生堂という企業のビジョンを、ロゴやポスター、チラシなどで発信する、コーポレートデザインの仕事。2つ目は、資生堂のコスメティクス系ブランド「ANESSA」と「HAKU」の広告に使われるポスター制作やCMの企画です。ブランドのデザインで心がけているのは、女性の美しさを表面だけで語らず、見る人とのコミュニケーションを大切にすること。私が携わった作品は2020年頃に世の中に出る予定なので、どんな反応をいただけるのか、今から楽しみです。
  • 日常のどんなものでも、 デザインにつながる瞬間がある
  • Q.池田さんがアートやデザインから得たものとは?
    アートやデザインに携わっている醍醐味は、日常のどんなものにも興味を持てるところです。たとえば、それまで歴史にまったく関心がなくても、デザインのモチーフや発想のヒントを探しているときに、歴史の一部と出会うことがあります。すると、一気に距離が近くなり、気づいたら歴史好きになっているんです。どんなに遠くにあるものでも、デザインにつながる瞬間が必ずある。そういうことに気づける力を、大学で身につけたんだと思います。みなさんのチャレンジを応援しています!

武蔵野美術大学を卒業した池田昂己さんが携わったWORK

❶SHISEIDOGALLERY開催「shiseido artegg展」/A4DM ❷資生堂ダイレクトメール/カバーデザイン

武蔵野美術大学を卒業した池田昂己さんが携わったWORK

❸資生堂掛川工場/ガラスウォールデザイン ❹資生堂150年史編纂プロジェクト「HISTORIA150」/ロゴマーク ❺資生堂オフィス・施設・工場/ピクトグラム ❻資生堂書体/練習作品

  • 大好きなファッションの世界で「ベストスマイル賞」を頂きました

    株式会社大丸松坂屋百貨店 / 販売員(アパレル)
    京都経済短期大学 経営情報学科 卒業
    村下 寧々さん

  • 生徒に学ぶ楽しさを教えながら一緒に成長しています

    明治大学付属中野八王子中学高等学校 / 英語科専任教員(中学校)
    国際基督教大学(ICU) 教養学部 卒業
    沼野 瞳子さん

  • コラージュすることによって、新しい価値を生み出すことができる

    コラージュアーティスト/グラフィックデザイナー
    文化学園大学 造形学部 生活造形学科 (現 デザイン・造形学科) 卒業
    M!DOR!さん