適切な薬を届けることで、患者さんの人生をより良くしたい

掲載号:2020年春夏Vol.14[東京版]
  • アストラゼネカ株式会社 / MR(メディカル・レプリゼンタティブ)
  • 東京薬科大学 生命科学部 分子生命科学科 卒業
  • 太田 侑世さん
  • 勤務先ホームページhttps://www.astrazeneca.co.jp
東京薬科大学
  • 自社の医薬品の有効性と安全性を伝える
  • Q.どんな仕事をしていますか
    製薬企業でMR(医薬情報担当者)として働いています。病院や薬局に出向き、医師や薬剤師の方に自社の医薬品の有効性と安全性を伝える仕事です。関西支店に勤務し、担当は呼吸器系。「あの薬を飲んだ患者さんの症状が改善してきたよ」などと聞くと、やりがいを感じます。患者さんの人生をより良くしたいという目的があるから頑張れるんです。
  • 勉強すればするほど湧いてきた化学への興味
  • Q.東京薬科大学に進学した理由は?
    高校時代は、あまり勉強が得意ではありませんでした。でも3年生になったときにこれではいけない、せめて1教科だけでも得意分野を作らないとと思い、目を向けたのが唯一興味があった化学。化学だけは誰にも負けないという気持ちで勉強を続けると、その奥深さとおもしろさにどんどん引き込まれていって…。将来は化学の研究者になりたいという夢を実現させるため、高校の先生に勧められた東京薬科大学の生命科学部を志望しました。
  • 大学で研究した コミュニケーション学を役立てたい
  • Q.いまの仕事に就いたきっかけは?
    最初のきっかけは、大学の授業で感染症を治す・予防する薬の話を聞いたこと。そのときに薬の重要性を実感し、薬に関わりながら人のためになる仕事をしたいと思うようになったんです。その後、コミュニケーションを科学的に分析する研究をするようになり、身につけた知識を生かせる仕事であるMRという目標ができました。医療従事者の先生に薬の情報を伝えるとき、必ずそこにコミュニケーションが生まれます。患者さんの立場に立って話をすることで、適した薬をその人のもとに届けるお手伝いができる。学んだことがきっと役立つと考えたんです。
  • 人にやさしく接しようと意識が変化していった
  • Q.仕事を通して成長したと感じることは?
    この仕事をしていると、いろいろなつらさを抱えながらも、それでも人生を謳歌しようと努力している患者さんの存在を身近に感じることがあります。そうした人のことを思うと、自然と、誰に対しても優しさと思いやりをもって行動しようと意識が変わってきました。
  • 自分を律することができ、相手の思いに寄り添える人
  • Q.向いているのはどんな人ですか。
    MRは、取引先に直行し、そのまま帰宅という勤務パターンが比較的多いんです。私の場合、会社に行くのは週に1日くらい。勤務時間中、どう過ごすかは任されているので、自己管理能力のある人、自分を律することができる人がいいと思います。また、人と人のつながりが大切な仕事なので、相手の思いを感じ取れる人も向いているのではないでしょうか。とはいえ、私自身、高校生のときからMRを目指していたわけではありません。やりたいことをやっていたら、結果的にここにたどり着いただけ。皆さんも、自分がやりたいことを精いっぱいやれば、その中で道は開けていきます。きっと楽しい人生を過ごせるはずですよ。

  • 患者さんから丁寧に話を聞き、正しい薬を届けます

    龍生堂薬局新宿店 / 薬剤師
    東京薬科大学 薬学部医療薬物薬学科 卒業
    嶋田 亮太 さん

  • チームでプロジェクトに取り組みシステムを動かす

    日本ビジネスシステムズ株式会社 / SE(システムエンジニア)
    学習院大学 理学部卒業
    伊野瀬 奈々さん

  • 新しい市場を自分たちが盛り上げる

    株式会社AbemaTV オンラインライブ事業本部 局長
    東海大学 体育学部 体育学科 卒業
    金澤 賢一さん