患者さんの安全を守るのが薬剤師の大切な仕事だと思います

掲載号:2020年春夏Vol.14[東京版]
北里大学
  • 得意の理系を活かした 医療職を目指して
  • Q.薬剤師になろうと思ったきっかけは?
    高校時代、文系の科目が苦手で、私の進路は理系だなと思っていました。当時の化学の先生がとてもよい方で、将来は化学を活かせる医療職がいいと思い始め、中でも薬剤師なら、病院だけでなく、薬局でも働けるし、仕事の場が幅広いのではと考えました。また私自身、風邪などで薬を飲むとき、これがどんな成分なのか、なぜ効くのかが気になり、ちゃんと知りたいと思ったのもきっかけの1つです。
  • 他学部の学生との 出会いが楽しい
  • Q.北里大学を選んだ理由は?
    薬剤師になるには、単科の薬科大学で学ぶ道もありますが、私は最初から医療に特化した総合大学を目指しました。薬学部の学生だけでなく、別の領域を学んでいる人たちと出会いたかったのです。実際に入学すると、大学附属病院での実習もありますし、チーム医療を重視した学びがあります。また部活はギター部に所属し、そこでも医学部や医療衛生学部、理学部など他学部の友だちができました。
  • 国家試験を視野に入れた講義
  • Q.薬剤師国家試験は大変でしたか?
    薬学部は6年制で、5年次は病院実習と卒論のための研究で手いっぱいです。国家試験の勉強は6年生の4月から翌1月までの期間しかありません。ただ、大学で国家試験を視野に入れた講義をしてくれるので、予備校などに通うことなく、学内で十分に対策ができました。それでも受験準備は本当に大変で、夏休みもひたすら勉強。合格したときは、本当にホッとしました。
  • 薬剤の調製を通して 医師の仕事をサポートする
  • Q.今はどんな仕事をしていますか?
    抗がん剤調製室に所属して、医師のオーダーした投与量に合わせて、抗がん剤をセットします。間違いがないよう、細心の注意を払いながら業務をおこなっています。また、抗がん剤を投与している患者さんと直接会い、副作用を軽減する薬の提案をしたり、飲み方について説明したりします。例えば、薬を飲むタイミング。食前に飲む薬を食後に飲むと、吸収率が50%に落ちる場合があります。薬を飲むタイミングを間違えると薬の効果が薄れていまうので、丁寧に説明します。治療を通して患者さんの体をよくしていくのは医師の仕事で、私たち薬剤師は患者さんの安全を守る仕事だと思っています。
  • やりがいある仕事を 目指して頑張ろう
  • Q.高校生へのメッセージをお願いします
    私が仕事をしている大学病院では、症例も多く、新薬などもたくさん見ることができます。勤めて4年になりますが、毎日、新しい出来事があって、とても新鮮な気持ちで仕事をしています。大学受験も国家試験も大変でしたが、やりがいのある仕事に出会えてよかったです。この道を目指す高校生の方は、今は勉強が大変とは思いますが、ぜひ明るい未来を信じて頑張って欲しいです。

  • 患者さんが失った身体能力を取り戻す過程に立ち会い、伴走する

    立川相互病院 / 理学療法士
    首都大学東京 健康福祉学部理学療法学科 卒業
    山田 眞美 さん

  • 障害者の安心な暮らしをサポートする行政サービスの頼れる調整役

    杉並区役所 / 保健福祉部障害者施策課 地域ネットワーク推進係(取材時)
    大正大学 文学部 歴史学科 卒業
    稲嶺 希美さん

  • チームワークを大切にしながら新商品の設計に携わる、充実した日々

    株式会社ニコン / 機械・機構設計
    芝浦工業大学デザイン工学部 卒業
    中島 麻里さん