”ないものをつくる“のが好き。 社会を動かすような映画をつくりたい。

掲載号:2020年秋冬Vol.15[東京版]
  • 東宝株式会社 / (現部署)映画企画部 映画企画室 兼 ミュージック&エンタテインメント企画室
  • 東京藝術大学 美術学部 芸術学科 卒業
  • 小松 梨紗子さん
  • 勤務先ホームページwww.toho.co.jp
  • 映画作りについて学べる学校を探して
  • 映画『ベンジー(1974)』を見たとき、その映画が巻き起こした社会現象を知り、「映画が持つ力は底知れない」と思いました。映画を学ぶにはどうしたらいいだろう、と調べていたところ、芸大の大学院に映像の研究科があることを見つけました。そこで、まずは芸大の学部に入ろうと思い、芸術全般を学べる学部を受験しました。
  • プロデューサーを目指して
  • 大学2年のときに、東宝のインターンシップに参加しました。映画の企画書を書いたり、プロデューサーについてスタジオに行き、制作現場を見て学ぶという1週間の体験で、私がなりたいのはプロデューサーだと強く感じました。
  • 社内外の窓口となる広報活動を担当
  • 総務部の広報・IR室に所属しています。広報部は会社の窓口となる業務が多く、最近は海外からのゴジラに関する問い合わせが多いです。ほかにも、映画に関する取材の対応、インタビューの段取りを整えるなど、映画関係者とメディアをつなぐ仕事のほか、自社サイトの運営、CSRレポート、社内報の発行など、映画業界について社内外に伝える活動を担当しています。
  • 世界に愛されるゴジラに愛着
  • 企業や学校などに招かれて会社を説明する機会があるのですが、ゴジラといえば誰もが知っていますし、海外の記者さんが熱くゴジラ愛を語ることもあります。私自身、ゴジラに関わる機会が多く、愛着がわいてきました。ゴジラが世界中でも広く認知され、多くの方々に愛されていると感じる瞬間がとても楽しいです。また、毎年1月に「企画月間」があり、社内で誰もが映画の企画にチャレンジできる制度があります。私もこの期間中に20本程企画書を用意しました。
  • ないなら、つくるまで!
  • 小さいころからものづくりが好きで、特に料理が好きでした。進学先を決めるまでは、将来パティシエになりたいと思っていたので、まさか芸大に入るとは思っていませんでした。今は、広報業務に取り組みながら、時間のある時に映画の企画書を作り、また、会社にない社員食堂を作りたいという夢を持っています。迷うことがあればいろいろな人に聞いて、とにかくチャレンジしてみることを心がけています。東宝では、新しい才能を発掘するために、クリエイターズオーディションを開催しています。興味のある方は、GEMSTONEで検索、応募をお待ちしています。

東京藝術大学を卒業した先輩が携わったプロダクト

❶海外からのゴジラ関連取材にも対応します。  ❷GEMSTONE/新人発掘オーディション「GEMSTONE」で若手の活躍を応援!  ❸講演会などで会社と映画業界についてお伝えする機会も多いです。  ❹社内報は月1回のペースで発行しています。 

  • 経験が必要な在宅医療 専門薬剤師を目指して

    薬樹株式会社 訪問薬樹薬局瀬谷 / 薬剤師
    東京薬科大学 薬学部 医療薬学科 臨床薬理学教室 卒業
    福林 亮太郎さん

  • 目線を合わせ、安心できる未来を一緒に築く仕事です

    土岐市立総合病院/医療ソーシャルワーカー
    中部学院大学人間福祉学部 2016年卒業
    土田晃裕さん

  • 常に疑問をもつこと。その好奇心が新しい技術へとつながる

    株式会社メイテック / ハードウェアエンジニア
    東京都市大学 工学部 卒業
    清水 翔介さん