コラージュすることによって、新しい価値を生み出すことができる

掲載号:2020年秋冬Vol.15[東京版]
  • コラージュアーティスト/グラフィックデザイナー
  • 文化学園大学 造形学部 生活造形学科 (現 デザイン・造形学科) 卒業
  • M!DOR!さん
  • 勤務先ホームページhttps://www.dorimiii.com
  • 本や雑誌のデザイナーになりたかった
  • コラージュを始めたのは高校生のころ。同時に、素材として海外の古い雑誌のグラフィックデザインにも興味をもったことが、いまにつながるきっかけです。コラージュの魅力は、素材の組み合わせによって思いもよらない世界や物語が生まれることです。それと、紙の質感や手触りですね。制作ではデジタルツールを使うこともありますが、ほとんどが手作業です。高校卒業後に文化女子大学(現:文化学園大学)の造形学部に進学したのは、本や雑誌のデザイナーになりたかったから。文化といえばファッションというイメージですが、都心にあるキャンパスにはファッションのほかデザイン、建築・インテリアなどの学科があり、学生生活を通していろいろな分野の刺激をたくさんもらえると思ったのが、進学先を選んだ決め手です。
  • 生活に身近なデザインを基礎から学んだ
  • 大学では、デザインの概念から広告、雑誌など、生活に身近で実践的なデザインを学びました。グラフィックソフトの使い方など基礎から学べたこともいま役に立っています。卒業制作は「好きなテーマで1冊の本を制作する」というもので、当時映画で見てとてもかっこいいと思っていた「ドラァグ・クイーン」について調べ、自分だけの本を制作したことが印象に残っています。
  • コラージュが好き。その気持ちがいまの自分に
  • 卒業後は、広告媒体を手掛けるデザイン会社にグラフィックデザイナーとして就職しました。会社ではポスターやパンフレットのデザインを担当しながら、家に帰ってからはコラージュを続ける日々。ただただコラージュが好きで、それは自分の楽しみのためでした。SNSで作品の発表を始めると、お仕事の依頼をいただいたりと徐々にフィールドが広がって、2010年からコラージュアーティストとしての活動を始めました。いまは、雑誌の誌面やCDジャケット、装幀、テキスタイルなどのデザインをしています。代表的な仕事としては、ルミネやNEWoManのウィンドウディスプレイ、official 髭男dismのCDジャケット、VOGUE JAPAN、GINZAなどの誌面デザインがあります。
  • 好きなものを見つけたら追求すること
  • この仕事の醍醐味は、古い雑誌や紙の素材を生まれ変わらせ、新しい価値を生み出すことができること。紙物を愛している人、手を動かすことが好きな人に向いていると思います。高校時代は、少しでも気持ちがわくわくするものに出会えたら追求してみてください。それを続けていくと、自然とつながるものがあるはずです。そして自分なりの強みを発見できれば、自然と世界が広がっていくと思いますよ。

M!DOR!さんが携わったデザイン

❶official 髭男dism「Traveler」CDジャケット アートワーク  ❷文化学園大学 2021大学案内パンフレット 表紙アートワーク  ❸赤坂蚤の市in ARK HILLS/イベントビジュアル・DMデザイン 

M!DOR!さんが携わったデザイン

❹MUVEIL テキスタイルデザイン

  • 「おいしさを伝えたい!」と情熱を注ぐ日々

    日本コカ·コーラ株式会社 / マーケティング本部シニアマネージャー
    立教大学社会学部
    成岡 誠さん

  • 多くの人が幸せになるものづくりが夢

    株式会社本田技術研究所 / ディーゼルエンジン開発
    東京電機大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 卒業
    美浦 彩さん

  • 大学のゼミで金融に興味をもち、今、憧れていた業界で活躍中

    SMBC日興証券株式会社/ファイナンシャル コンサルタント
    帝京大学 法学部 2015年卒業
    鈴木美咲さん