患者さんが失った身体能力を取り戻す過程に立ち会い、伴走する

掲載号:2020年秋冬Vol.15[東京版]
  • 医療の仕事に携わりたかった
  • 子どもの頃から漠然とですが、医療の仕事に携わりたいと考え、高校1年の時に理学療法士になろうと決めました。祖父が訪問リハビリでお世話になったことや、従兄弟が理学療法士だったことが影響したと思います。決めた後に迷うことはありませんでした。むしろ迷う時間がもったいない。目標を決めたらぶれないタイプですね。
  • 身体能力を取り戻す過程は興味深い
  • 脳卒中や骨折などで入院した患者さんが、失った身体能力を、目標に応じて取り戻すためのリハビリを行います。具体的には器具を使った訓練やストレッチ、筋力トレーニングなどの指導です。患者さんが当初できなかったことを次第にできるようになる過程は非常に興味深く、ご本人や家族の方が喜んでくださると私もうれしいです。その反面、高齢でリハビリに関心を示さない方に意欲を持っていただくのは大変です。一緒に散歩しましょうと誘ってみたり、一人で食べられるようになりましょうと声を掛けたりと、工夫しています。
  • 中高大と現在もダンス一筋
  • 中学高校とダンス部でした。体を動かすのは好きですね。将来を想像した時、事務作業をしている自分は思い浮かばず(笑)、体をアクティブに使う分野で働きたいと思いました。医療の仕事には医師、看護師、薬剤師、作業療法士などいろいろありますが、活動量の多い理学療法士が、いちばん自分に合っていると考えたのです。大学でもダンスサークルに入り、大学祭や新人歓迎の舞台で発表するなど、達成感があって楽しかったですね。当時の仲間とは今も付き合いがあり、医療以外の仕事の話なども聞けて視野が広がります。
  • 仕事の実態を早めに知っておく
  • 理学療法学科のある大学(または専門学校)に入学し、国家試験に合格する必要があります。私は入試面接で「理学療法士はどういう仕事をしているか知っているか」と問われました。面接を課す大学は少ないですが、たとえ入試になくとも、仕事の実態を知っておくことは大切です。病院見学やボランティア、模擬授業などの機会をとらえ、自分なりの仕事像を早めにつかむようにしてください。

  • 芸術はプラスにもマイナスにも心を動かされるモノ

    株式会社 バンダイナムコスタジオ / ゲームクリエイター
    女子美術大学 芸術学部 デザイン学科 (現:デザイン・工芸学科)卒業
    小林 くるみさん

  • バイヤーに求められるのは、幅広い知識と流行を読むチカラ

    株式会社ゲオ セカンドストリート川崎千年店 / リユースバイヤー・販売
    専修大学 経営学部経営学科 卒業
    山崎 花さん

  • 多彩な人と協働し、型にはまらない自由な設計を目指す

    大和ハウス工業株式会社 / 建築士
    早稲田大学 理工学部建築学科卒業(現:創造理工学部)卒業
    羽毛田 真也さん