どんな被写体を写しても自分自身の人間性が写真には出る

掲載号:2020年秋冬Vol.15[東京版]
  • フリーランス / カメラマン
  • 日本大学藝術学部 写真学科 卒業
  • 井上 綾乃さん
  • 勤務先ホームページ
  • アートを通じて 自分の想いを表現したい
  • 自分の想いや考えを、表現する仕事に就けたらいいなと思っていたのですが、私は口下手なタイプで絵心もありません。そこで興味が湧いたのが「写真」でした。写真はリアリティを追求しながらも、自分の感性を織り込むことができるものです。大学では写真学科に進み、4年間で技術を身につけました。
  • 大学で学んだのは生きることへの心構え
  • 当時、出会った人から掛けられた言葉は、今も心に刻んでいます。入学して早々、クラス担任の先生から「原罪」についてのお話がありました。キリスト教では、アダムとイヴがエデンの園を追われた罪=original sin(原罪)を、人類がすべて受け継いでいるという考え方があります。それを引き合いに出し「写真学科が第一志望ではなかった人もいるでしょう。でも、あなたがこの場に居るということは、ほかの誰かが願った席を奪ったということです。だからこそ、4年間は必死に写真を学びなさい」とおっしゃいました。大学でできた親友も「頑張る時期が1回も無かった人は、人生がすごくつまらないものになる」と言って、何事にも全力投球でした。真摯に生きることの意義を、いつもその言葉に見出します。
  • もう1度仕事をしたいと思ってもらえる自分である
  • 撮影などのスキルは必要ですが、それに加えて求められるのが「もう1度、仕事をしたい」と思ってもらえるような人間力です。私も仕事を下さる方への感謝の気持ちを常に持ち続け、謙虚な気持ちで撮影に挑んでいます。 また、撮影した写真には人間性が出るものなので、教養を身につけることも忘れないでください。これは受け売りですが「教養とは『旅』『経験』『読書』『アート』をインプットし、アウトプットする。これを繰り返すことで身についていく」といいます。私も本を読む回数は意識して増やしています。ほかには「ブレない心」です。被写体をどう見せたいのか、写真から何を感じて欲しいのか、撮影しているカメラマンがブレてしまうと、何も伝わらない写真になってしまいますから。求められるものを把握し、どう撮影するのか、しっかりと落とし込んでシャッターを切ります。
  • 人の心を明るく照らすものそれこそが芸術である
  • 極端な例えですが、絶望に打ちひしがれた人が、それに触れたことで生きる活力を取り戻すことができたとしたら、「それ」が芸術なのだと思います。決してクリエイターだけが生み出すものではなく、アスリートの戦う姿も、心を動かす「それ」がある。すべての物事に「芸術」は宿っていると思います。

  • 早めの対策が功を奏して目標だった地方公務員へ

    渋谷区役所 / 生涯学習・スポーツ振興部 スポーツ振興課 スポーツ振興係
    専修大学 文学部 英語英米文学科 卒業
    堀江 奈月さん

  • アメリカ訪問プログラムを通して日米交流の架け橋になる

    米国大使館 / 広報・文化交流
    上智大学 文学部新聞学科卒業
    廣江 未希さん

  • 目に見えない風景を支えるそういう仕事に就きたい

    板橋区役所 政策経営部 IT推進課 DX推進係 / 区役所職員(IT推進課)
    日本大学 法学部・法律学科 卒業
    森 光明さん